【告知】5/27(日)第3回ミライカイギ「まち保育のススメ」

\まちで子どもを育てよう!/

第3回目のUDC2ミライカイギ。

テーマは「まち保育のススメ」です!

講師には、「まち保育のススメ」の著者である、横浜市立大学の三輪律江先生をお招きします。

 

UDC2で現在検討を進めている【グランドデザイン】においても、

子育てファミリー層を柏のまちに増やすことは重要な視点だと捉えています。

「まちで子どもを育てる」ってどういうことか、

ミライに向けて何が必要かをみんなで考えてみましょう◎

 


 

開催概要


・日時:2018年5月27日(日)10:00~12:30
・場所:パレット柏3Fオープンスペース
・主催:一般社団法人柏アーバンデザインセンター(UDC2)
・協力:柏市、柏市私立幼稚園協会
・費用:無料
・定員:定員60名(先着順)
・申込み:tel / mail / 申込みフォーム のいずれか。
・申込み先・問合せ先:UDC2事務局(tel : 04-7166-5000 mail : info@udc2.jp)
・申込みフォーム:https://goo.gl/forms/NAtBNYua0OTtbcfk

 


 

1部「シンポジウム」

講師の三輪先生より、子どもが地域に見守られながら育っていくことの大切さや、先生が取組まれてきた横浜での事例などをお話いただきます。

 

【講師プロフィール】

三輪 律江 先生

横浜市立大学国際都市学系まちづくりコース・准教授。博士(工学)。
(株)坂倉建築研究所、横浜国大を経て2011年4月より現職。

専門は建築・都市計画、参画型まちづくり、こどものための都市環境。「子ども」と「まち」との関係に着目した調査研究を数多く手掛ける。

最新著書『 まち保育のススメ(萌文社、2017.5)』では、多様な分野の研究者・実践者とともに、乳幼児期の子どもたちと彼らが集う「保育施設」に注目し、日常的にさまざまな地域資源を活用している実態調査を元に「まち保育」という新しい概念を提唱した。“まち”と“保育”を取り巻く課題解決の糸口を探り、横浜市内の2つの保育所とともに実践を重ね、乳幼児期の子どもが地域に見守られながら育っていくための「まち保育」の意義や効果について語られている。第13回(2017年度)こども環境学会賞(論文・著作賞)受賞。

 


 

2部「トークセッション」

講師の先生と、柏市内で活動をしている4つのママさんサークルの代表者によるトークセッションです。柏の実態と、ミライの可能性について語り合っていただきます。

 

【トークセッション ゲスト紹介①】

 

西 尚子さん

・かしわ子ども・子育てサポート 赤ちゃんのほっぺ 代表
・かしわ一時保育てくてく 代表
・チルドリンカフェ@柏の葉 マネージャー

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんのほっぺは、柏市で周産期の親子のサポートを、当事者目線の相互扶助をベースに活動。
てくてくは、柏市男女共同参画室の保育者養成
講座を終了した仲間とスタートした一時保育の団体。主に行政の講座の保育を担当。

チルドリンカフェは、NPO法人チルドリンが柏の葉につくった親子カフェ。ワークショップやランチを提供。小さいお子さんがいてもホッとゆっくりくつろげる親子の居場所を提供。

 

 

【トークセッション ゲスト紹介②】

 

三好 玲子さん

・かしわ子育てまちづくりネットワーク・ここっと 代表

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年設立。講演会・勉強会の企画運営や、市内イベントの実行委員会へ参加などを行う。

2017年度は市の業務委託を受け「子育て支援のネットワーク事業」に取り組み、子育て中の方や子育て支援者と一緒に「かしわ子育て応援情報誌Touch」を発行。

いろいろな団体や個人とつながって理解を深め、柏が、子どもがすくすく育つまち・子育てに優しいまちになったらいいな♪と考え、活動をしている。

 

 

【トークセッション ゲスト紹介③】

 

染谷 菜摘さん

・特定非営利活動法人SunshineGarden 理事長

 

 

 

 

 

 

 

2017年3月設立。子育て中のママ達の団体。代表も1歳半の息子を持つママ。
次の3つの柱をもとに活動している。
①子どもたちに「外で遊ぶ事」を知ってもらう
②農業をもっと身近に
③子育て中のパパママの手助けを。
特に最後の「手助け」に関して重きを置き、ママや子ども、家族が楽しめるイベントを柏市内を中心に企画・運営。また手賀沼周辺で自然体験イベントも精力的に実施中。

 

 

【トークセッション ゲスト紹介④】

 

飯沼浩子さん

・青空共同保育「どんぐり」

「空の下は ぜ~んぶ遊び場 学びの場」をモットーに、あけぼの山公園とその周辺で活動しています。

対象は乳幼児親子。幼稚園や保育園に預けずに、皆で子育てをしています。てくてく歩く探検は子ども達も大好き!行く先々で宝物に出会います。どんぐり畑の野菜は、お昼のおかずに。自分たちで育てた野菜の味は格別のようです。
世の中と少し違った緩やかな時間の中で、じっくりゆったり子育てを楽しんでいる保育の会です。

 

 


 

「ミライカイギ」とは?


ミライをキーワードに、まちの皆さんで学び合い、語り合うのがUDC2ミライカイギ。物事を「決定」するのではなく、ゆるやかな「対話」を行う場づくりが目的です。

 

 

Leave a Comment





CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。