06.24(Sat)プロジェクト提案二次募集の支援プロジェクトを決定しました:まちづくり活動を支援する「プロジェクト提案」2017年度二次募集

柏駅周辺を盛り上げる、輝かす市民プロジェクトを支援する「プロジェクト提案」。
公開審査会を開催し、2017年度二次募集での採択プロジェクトを決定しました。

◆決定プロジェクト及び支援金額
1.街角ライブデー(音楽の街かしわ実行委員会):40万円
2.柏ハロウィンワールドパレード(柏ハロウィンワールドパレード・プロジェクト):50万円
3.アートラインかしわ×SNOWBANK(JOBANアートラインかしわ実行委員会):87万円
4.柏 de 管楽器♪!(Kashiwa Special Sounds):30万円
5.音街かしわ with 音街っく天国 2017(ストリート・ブレイカーズ音街部会):80万円

◆公募期間
2017年5月16日(火)~6月15日(木)

◆応募要項
2017年度UDC2プロジェクト提案_二次募集_応募要項_確定版

◆審査方法
1)書類審査
日時:2017年6月16日(金)

2)合同ヒアリング
日時:2017年6月17日(土)15:00~18:00
場所:UDC2

3)公開審査会
日時 : 2017年6月24日(土)18時15分~21時 (18時開場)
場所 : パレット柏多目的スペースA
観覧 : 観覧自由、無料
内容 : ①プロジェクト・プレゼンテーション ②質疑応答 ③審査

◆審査員
・株式会社CAMPFIRE CAMPFIRE×LOCALマネージャー 荒井 洋平 氏
・柏市経済産業部 商工振興課長 小島 利夫 氏
・UDC2プラットフォーム委員会 委員長 市村 日出夫 氏
・UDC2プラットフォーム委員会 副委員長 徳永 幸一郎 氏

 

◆公開審査会のレポート
・開会のあいさつ
市村委員長から「プロジェクト提案」の趣旨について説明があり、公開審査会を開始しました。

・プレゼンテーション
1.街角ライブデー(音楽の街かしわ実行委員会)


実行委員長の五十嵐泰正氏が、プロジェクトの内容についてプレゼンされました。
街角ライブデーは歩行者天国のハウディモールで、アンプOKの予約制ストリートライブを定期開催するプロジェクトです。ダブルデッキでは難しいマイクやDJ機材を使用することができるため、より幅広い音楽活動が行えます。また、毎月2回開催するため、ハウディモールの日常的な賑わい創出につながるプロジェクトです。

2.柏ハロウィンワールドパレード(柏ハロウィンワールドパレード・プロジェクト)


プロジェクトリーダーの入野周平氏が、プロジェクト内容についてプレゼンされました。
ファミリーを対象としたハロウィンパレードを行うプロジェクトです。このプロジェクトでは、美容や飲食店舗が多い柏ならではのアトラクションが楽しめる内容となっており、子どもや家族連れと柏の街との接点となることを目指しています。

3.アートラインかしわ×SNOWBANK(JOBANアートラインかしわ実行委員会)


代表の住吉慶太氏はじめとする3名でプレゼンを行われました。
一般社団法人SNOWBANKとコラボし、アートだけではな く、若者の関心度が高いスケートボード、音楽、ダンス、ファッションなどのストリートカルチャー要素を複数盛り込んだイベントの提案でした。2020年東京オリンピックには正式種目となるスケートボードの正しいルールの啓蒙活動なども取り組むプロジェクトでもあります。

4.柏 de 管楽器♪!(Kashiwa Special Sounds)


代表の小野広一氏が、プロジェクト内容についてプレゼンされました。
音楽の街かしわの「吹奏楽=管楽器」に焦点を当て、管楽器との触れ合いをテーマにしたプロジェクトです。柏ゆかりの吹奏楽団による演奏、管楽器を実際に体験できるワークショップを、ウッドデッキにて開催します。

5.音街かしわ with 音街っく天国 2017(ストリート・ブレイカーズ音街部会)


部会長の馬場厚氏、ストリート・ブレイカーズ岡田亜紀氏が、プロジェクト内容についてプレゼンされました。
11年以上続く本プロジェクトは、柏と縁の深い有名ミュージシャンを招聘して実施する野外音楽イベント「音街かしわ」と、アマチュアミュージシャンによるコンテスト形式の音楽イベント「音街っく天国」の2つを合わせた音楽フェスティバルです。今年からクラウドファンディングに挑戦するなど、自立に向け努力しています。

・最終審査
審査員全員により、審査基準に基づき厳正な審査を行いました。

・支援決定プロジェクトの発表・閉会
市村委員長から、採択されたプロジェクトの発表を行い、閉会しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。